スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷ってます

おかげさまで昨日はかなりいい感じでMIKA☆は
一日起きていることができました。
脱水もほぼ改善されたようで、お昼はお粥を3分の1ほど
食べたり、リンゴジュースを飲んだり出来ました。

笑顔も出てたし、お話も少し出来たのでよかったです。

夕方は多少疲れたのか、起きてはいるものの
ちょっとぐったりな感じで夕飯はお粥を少しと
小さいプリンを半分くらいでした。



夜、主治医の呼吸器内科の先生から脳のほうの説明がありました。

先月のCT画像に比べて脳室が片側だけで5mm拡大しているとのこと・・・。
両方で1cmです。水頭症の疑いがあるので、今後さらなる意識レベルの低下が
考えられるそうです。
髄膜炎のせいで本来吸収されるべき髄液の行き場がなくなり、
脳室内にどんどんたまっていくからだそうです。


シャントで腹腔へ髄液を流す手術も出来るそうですが、
先生は強くはお勧めしてませんでした。

今、自分が癌であることや恐怖、つらい記憶、痛み、苦しみは
意識レベルが低くなっているから感じてないのかもしれない。
意識を回復させることで、それらを感じるようにすることが
MIKA☆にとっていいことなのか夫としては迷います。
腹腔にがん細胞の混ざった髄液を流すリスク、感染症のリスク、
チューブを体に通したあとにMIKA☆が感じるストレス、
意識がハッキリしたあと回復したとしてMIKA☆が感じるかも
しれない苦痛・・・以前シャントについて調べたことは
あるのですが、やっていいものなのか正直迷います。

『やらなければ今年のクリスマスは一緒に過ごせるかも
しれないけど、シャントに踏み切った場合はしばらく
動けなくなるのでそれは諦めなければならないよ』って
先生はおっしゃいます。

先生から説明なかったけど、他にリザーバーを皮下に埋め込んで
髄液をときどき対外へ抜く方法もあるってネットには書いてありました。
改めて脳神経外科の先生と話出来るように頼んでみようかと思います。


何れにせよ、このままイレッサだけでいけば右肩下がりで
水頭症はすすんでいってしまう可能性が高いです。
体にも心にもダメージが残るかもしれないリスクを承知で
ワンチャンスをためすか、ためしたところでMIKA☆の回りの
家族の意識が低いままだったらMIKA☆だってうかばれない・・・
いろんな思いが頭の中にあってグルグルグルグル・・・
なかなか整理がつかないです。
つらい治療を続けてその先にあるものってなんだろう?
家族はきちんと事実を受け止めてMIKA☆のことを思ってくれるだろうか?
いろいろあったのですごい悲しいです。
話してもわかってもらえないのでもどかしいです。

MIKA☆にはもうなるべく苦痛は与えたくないし、
楽しい気持ちで過ごしてほしいと願う自分の気持ちは空回り・・・。
病状を把握した上で正しいケアをしていってあげたいんですけど。
その気持ちって間違ってますか?
入院しても顔も見せないとか(十分出来るはずなのに)なんかおかしいです。
怖いから?向き合いたくないから?それともなんとも感じないの?
それがMIKA☆にとって果たしていいことなの?
自分はあとで後悔しないの?
普通に考えたらおのずと答えは出ると思うんですけど。


なんだか愚痴を吐き捨てるような嫌な文章になってしまいました。
病気のこと、将来への不安、家族のこと、これまで二人で
頑張ってきました。心無い言葉や行動で深い傷も受けてきたと思います。
自分だって夫として全然いいもんじゃありませんでしたし。
今はMIKA☆はいろんな不安からはお休みしてもらって
自分が、病気のこと、将来のこと、家族のことに加えて、治療のこと、
介護のこと、ケアを含めた日々の生活のこと、その他もろもろ
たくさん考えることが多い中、思いが正しく伝わらないもどかしさ、
自分がうまく出来ない歯がゆさ、徐々に弱っていく奥さんを看ていく悲しみ、
いろんなものが自分の中にあって精神的にもいい状態ではないですよね。


さて、たまった感情は吐き捨てたので、気分を変えて
笑顔でMIKA☆に会ってきます!
自分が曇った顔してたらMIKA☆だって心配しちゃいますから☆

今でしか出来ないことをやっていこうと思います。

シャントのこと、リザーバーのこと、神経外科の先生の
話を聞いてどうするか判断したいと思います。



どんより文章ですみませんでした。



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

ご主人さん、大変ですね。
なんとお声をかけていいのか。。。

どんよりになってあたりまえです。

近所でないのが悔やまれます。

私のじいちゃん先生は(以前MIKA☆さんにはお話したんですが。。。)
肺に水がたまった時に漢方薬で水を取る薬を出してくれたり、
膿を取る薬を出してくれたり、
熱を取る薬や逆に温める薬や。。。
いろいろな薬を沢山調合してくださいました。
今回効くかどうかなんて私にはわからないけれど。。。
じいちゃん先生は極力切らないで済む方法を探してくれます。

少しでもMIKA☆さんが楽な方法を選びたいです。

たぶん、ご主人が心の中で決めておられる方法と同じものを私も考えています。

子どもさんのことも何もかも、大変ですね。



ご無理なさいませんように。
プロフィール

MIKA☆

Author:MIKA☆
仲良くしてね~☆

ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
FC2ブログランキング☆

FC2Blog Ranking

最近の記事
検索フォーム
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
blog pet
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。