スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

審判の下った日★家族とは・・・

7月31日。

この日私は朝の7時半から外泊のため病院を後にしました。
行き先は浦和の保護観察所です。
以前、息子の家出騒動についつは少しブログに書いたと思いますが、まだまだ終わっていなかったんですよね、実は。

ゴールデンウイークから2回の家出を繰り返し、ついには長男は鑑別所に入ってしまっていました。
まぁ、こんな言い方をしては何ですが、大した事をした訳じゃないから1ヶ月ほどで鑑別所を出る事はできる予定でした。
正直、どこで何をしているか分からない家出中よりは、例え鑑別所でも居場所が分かっている方が全然安心です。
でも、出てからの処遇が問題でした。

子供が鑑別所に入っている間に調べ官の人が色々と子供の育った家庭環境や子供の心情を調べると言うよりは主観と思い込みで作り上げていきます。
そしてそれが裁判官に伝えられます。

7月25日。

審判の日に下された判決は・・・
「実の母親は末期肺癌のためもうじき死にいなくなるので、その後、うまくいってないと思われる養父と暮らしていくのは適当ではない。よって祖母と暮らすのが妥当である。」
と言うようなものでした。

ようするに、私は末期肺癌でもうじき死ぬし、今現在も入退院を繰り返している状態だから子供を監督する事は無理。
父親は養父であり、家庭内DVが行われてる様子もあり、不適当。
「あなたの家には絶対子供は帰しません。」と調べ官には言われました。

すごい考え方。すごい決めつけです。

確かに私は末期の肺癌です。
でも、まだ生きてるし、かなり元気だし、まだしばらく死にそうにないんですけどぉ。。

父親だって、まぁ、養父ではあるし、お互いそれなりに気なんかは使ったりはしてる感じはありますが、別にDVなんかないし、家族みんなで出掛けたりはよくしますし、結構コミュニケーションもある家庭の方だと思うんですけどねぇ。

でも、事実なんて関係ないんですね。
何も調査したり話を聞いたりしなくていいんですね。
勝手な決めつけと想像だけで判決は下ります。
・・・私たちは子供の身元引受人としては不適格であると・・・。

子供は埼玉に住んでいる祖母の家に引き取られる事に決定しました。
原則として保護観察は20歳までです。
「もう生きている間に一緒に暮らす事はないんだなぁ。。」
って思いました。

すごく悲しかった。

気を抜くと、カーテンをひくと、涙が勝手に止めどなく流れてきちゃいます。

その判決にはみんな不満でした。
って言うか、ありえないでしょう!!
人間として、どーよ?!って感じです。

このままでは納得できません。絶対に。

どんな結果になるかは予測はつきませんが、子供を取り戻すために、保護観察官の方に相談するために浦和の保護観察所にやってきました。
かなりの権限を持っているそうです。

入室し少し話していると、保護観察官の方は戸惑いを見せ始めました。
「どうしてみんな立川がいいと思っているのに立川じゃないんですか?」
いきさつを説明し、想いをつげていきました。
その保護観察官の方は普通に全てを納得してくれて、1つ提案をしてくれました。
「その決定が不当だとしても、私達にそれを覆す事はできません。でも、居住の変更と言う事で届け出をだしてもらえば、埼玉から立川で生活をする事ができますし、身元引受人もご両親に変更できます。」
と言うものでした。

判決の下された日、とってもとっても悲しくて悔しい想いをしたのに、たった1枚の用紙を提出する事で全て解決してしまいました。
なんか不思議な感じです。
あの裁判は一体どんな意味を持っていたと言うのでしょう?
裁判ってもっと絶対的な力や強制力があるものだと思っていたのに、こうもいとも簡単に状況を変える事ができるものなのですね。

でも何も知らなくて判決を鵜呑みにしていたら・・・。
人や家族の人生がかかっているのに・・・。

裁判って、法律って、一体何なんでしょうね。
人を救うためのものでも、公平なものでも、正義でも、平等を保つためのものでも、なんでもないと思います。

なんだか納得できない物を感じるのですが、まぁ、よい結果を得る事ができたので全て良しとしましょう(笑)
これで8月1日付けで子供は私達の元に帰ってくる事になりました。

いろいろ躓いたり迷ったりしてきましたが、きっとそれらの事は、プラスの方向に働くと信じています。
今回の事で、子供ともいっぱい今までにないコミュニケーションを図れたし、以前よりもう少しだけ分かり合えたと思います。
これからきっと少しずつ今までとは違った家族の形態になっていくと思います。

改めて家族一緒に暮らす事の大切さに気付き、お互いの大切さに気付き、それぞれが理解と思いやりを持てるようになるイイきっかけになったんじゃないかなぁ・・・って思います。

まだまだいろいろあるだろうし、綱渡り状態ではありますが、みんな一緒に頑張っていける気がします。

この件で今まで気にかけてくれたり、心配してくれたりした方々がいっぱいいました。
いろいろありがとうございました。
よくやく家族の形を取り戻す事ができました。
家族みんなが揃って暮らせる何気ない毎日が、とっても貴重でとっても幸せだと改めて気づいた今日この頃です(^-^)

コメントの投稿

非公開コメント

あまりよくわからないままコメントするの、良くないかもしれないけど。

良かったねぇ。

おめでとう!

MIKA☆さん、本当におめでとう。
お星様に願いが届いてよかったです。

家族がいるべきところに揃うことができて、よかった!!

みんなで食卓を囲めること以上の幸せなんてありません。
幸せの青い鳥はやっぱり、家に居たんです。
幸せは気づくもの。
再確認できてよかったですね。

お祝いに星空を切り取ってお送りしたいほどです。
(ちょっと無理か・・・)

では、幸せをかみ締めてくださいね!!


くみへ★


ありがとう(^-^)

あんまり詳しくは書かなかったからよく分からないよね。
ごめんね。
以前、しばらくの間、アップした記事があったんだけど、しばらくして非公開にしちゃったんだよね。
とりあえず、平凡な家族揃っての毎日が一番幸せなんだなぁ・・・ってつくづく思った出来事でした(笑)


Junko mamaさんへ★

いつもいつも、ありがとうございます。
幸せって意外に身近にあるんだけど、なかなか気付いたり実感する事ってないんですよね。
そのためには今回の事は良かったのかも。
みんなが成長できた出来事でした。
でも、もう御免ですけどね(笑)
お星様はお空にあってこそ美しいものだから、このまま楽しみます(笑)

MIKAさ~ん!!

MIKA☆さ~ん!
こちとらもバタバタしていてまたコメントがご無沙汰になってしまいました(>_<)

良かった!良かった!!本当に良かったです!!!(/_<。)ビェェン
お会いした時にサラッとしか聞いてなかったけど、(色々事情があるんだな~程度に考えて
ました)そういうご事情だったんですね。
途中まで読んで泣いてしまった・・。
でも最後まで読んでホッとしてまた泣いちゃいました。

それにしても・・世の中の思い込みって本当に恐ろしいね(>o<")

MIKA☆さんの体調も良い感じでこれまた良かったです♪
アタシは昨日牛角行ったよ!今度は一緒に行きましょうねっ。

こんばんは。
何はともあれ良かったですね~
その状況を報告する人ってどんなふうに決めるのでしょうね?
話だけで判断するとあまりにも事務的な手続きかと…

その気がありましたら…
こういう話を突っ込む人って滅多にいませんから新聞の声の欄とかに投書しませんか?
間違いなく載る内容だと思うし良くも悪くも実際に経験しないと解らない内容ですよね…
お話通り泣きを見てる人達がいるかもしれないですよ…

是非制度自体を考えるきっかけとかになるといいなぁ~
と思うのですが。


茜さんへ★

ありがとうございます!
本当いろいろあります。
これからもまだまだ色々あるんだろうなぁ(^_^;)

調べ官の人の思い込みと言うよりは、決めつけだと思います。
自分が持って行きたい方にコントロールしていきます。
すごいですよ、そのやり方は。
汚い世の中だな・・・ってつくづく思いました。

体調は、この前お会いした時よりずっといいですよ♪
咳もなくなりましたし、だるさもないです。
今度お会いした時は全開で行きたいです(笑)

牛角美味しいですよね。
うちは必ずタン塩、カルビが外せません(笑)
行きたいですよねー、今度一緒に(*^ω^*)

そのためにも、早く元気にならなくっちゃ!!

茜さんも、あんまり頑張りすぎないように、健康には気をつけて下さいね☆


ととさんへ★

色々ご心配をおかけしました。
でも結果良ければ全てよし!って事で(笑)

調べ官の方が裁判長に状況報告をするようです。
調査は全くないし、話をする機会は1度でした。
でも向こうが一方的に質問するだけです。
話は聞く気はないみたいですね。

子供と話す時も、すごくコントロールされるんです。
子供が「立川で暮らしたい」って言っていると、
「じゃあ、今すでに、お母さんが死んでいないとしたらどう?養父しかいないとしたら?」
って聞くんです。
「もし居なかったら、おばあちゃんのいる埼玉に行く。」
って答えると、子供は立川には帰りたくなくて、埼玉に行きたいと言っていると報告されます。
両親がいるからと弁護士を断っても、勝手に連れて来られて調べ官の息のかかった弁護士がつけられます。
本当に色々細工されコントロールされるんです。
子供相手にそんな事して、更正するどころか曲がりますよ、あれでは(-.-;)

でも調べ官の人にも色々いて、すごく助けてくれるいい方もいるようです。
あとで聞いた話によると、私達が当たった調べ官の人は最悪だそうです。
なんであんな人が調べ官なんかしてるのでしょうね~。
話してても変なの分かります(^_^;)

何も知らず判決を鵜呑みにしてしまう人が殆どなんじゃないかなぁ・・・って実は思います。
だからブログにも書く事に決めました。
あまり役立つ人がいないことを願いますが(笑)

新聞の声の欄はぁ・・・どうなんでしょうねぇ。
ちょっと苦手分野かな(笑)

こんばんは

こっちに書いて良いものかどうか、ちょっと迷ったんですけど・・・。
読んでて、私も泣けてきました。
最初は裁判の酷さに、後半は家族が揃えた事の嬉しさに。
うちの子達は、まだ小さくて、これからどんな事があるかわからないけど、でも、家族は揃ってなきゃいけないんですよね。
諦めちゃいけない、何事も。
本当に、勉強になりました。
また、たびたび読ませていただきます(^^)
気が向いたら、こちらにも顔を出してくださいね♪


ひかぽんさんへ★

いらっしゃいませ♪
こっちも読んでくれてたのですね。
すごく嬉しいです(^-^)

なかなかmixiでは書きづらい内容もあるし、記録?として残しておきたいこともあり、こっちばっかりで更新しています(^_^;)

mixiの方にもいきますね。
なんとなく、ちょっと行きづらかったりしてたから、これをきっかけに!(笑)

普段は当たり前でなかなか実感しない家族揃っての生活の幸せさを再確認できたのは良かったかなぁ・・・って思います。
でも二度と経験はしたくないですけどね(笑)
子供も変わりました。
またすぐ忘れちゃったりするかも知れないけど、自分を管理したりコントロールする事を学び始めた気がします。

またmixiに伺いますね!
変わらず仲良くしてくださいね。
mixiの仲間も私にとってはかけがえのない人達です。
いろいろありがとうございます(^-^)/

はじめまして

裁判官という職業に就く人は(すべてじゃないですが)、勉強一筋に生きてきてって人が多く、実際に人としての人生を歩んでないっていうような場合が多いと聞きました。なので法を掲げたマニュアル通りに降りた審判なのでしょうね。ひどいもんです。

それから私も離婚→子連れ再婚を経験してます。板挟みで大変だった時もたくさんありました。でもね、時間や色んな出来事を経て家族になるんですよ。誰も悪くない。自分の子供だって一緒にたくさんの時間を過ごしてきたから可愛いわけで・・。血のつながりは二の次でも家族には成りえると思います。

いろんな気苦労で辛いこともありますよね(私もそうでした)。でもあまり気をもまず、家族になるための道と思ってどっちつかずに見守っていても大丈夫だと思いますよ。

お体に気をつけてお過ごしくださいね!


mimiさんへ★

はじめまして!
コメントありがとうございます♪

本当、裁判官の方とか弁護士の方とか、いろいろな方がいますよね。
でも本当に当たり外れはあるなぁ・・・って実感しました。
今度の保護観察官の方もとてもいい方みたいです。

mimiさんも再婚とかしたのですね。
私もそう思います。
家族って血のつながりで出来上がるものじゃない・・・って。
育てて行くもんですよね、きっと。
私の家族も今回の事で、傷もいっぱい追ったけど、家族としての絆は強まったと思いますし、なんとなくシックリきてなかった長男と父親の関係もすごく自然に良くなってきたみたいな感じです。
自然に話せるようになって来たっていうか。
・・・家族ってやっぱりいいですよね!
すごく実感した一件でした。

お互いいろいろあるかと思いますが、楽しく頑張っていきましょうね♪
良かったら、また遊びにきて下さいね(^-^)/
プロフィール

MIKA☆

Author:MIKA☆
仲良くしてね~☆

ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
FC2ブログランキング☆

FC2Blog Ranking

最近の記事
検索フォーム
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
blog pet
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。