スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月1日★幸せ

子供達とモリタウンにお出かけしました。

まずは知り合いの美容室で子供達の髪の毛カット。
上の子は短髪が更に短髪に!
伸ばすはずなのに(笑)

下の子はKAT-TUNの田口くんにする予定だったんだけど、美容師さんが田口くんの髪型をよく知らないので雑誌からテキトーに(笑)

同じ環境で育った2人なんだけど、随分タイプは違います。
不思議ですよね。
生まれながらにして持っている気質が大きいんでしょうね。

後はauショップとお洋服を買いに。

とりあえず、私と相方のTシャツを買いました。
迷わず簡単♪
上の子もTシャツと短パン?を購入。
下の子はちょっとこだわりがあるから難しいです。
サラッと見たけどないみたいです。
この後の予定は漫画喫茶!!
私も下の子も初めてでワクワクです。
下の子は洋服を買うよりも、早く漫喫に行きたくてウズウズしてるみたいだったので、洋服の事は忘れて漫画へGO!!しました。

ついつい初っぱなから会員になってしまいました。
通う気満々です(笑)

とりあえず私は「医龍」を全巻かかえて3人部屋へ。
3人だったから3人部屋にしたんですが、狭いです。
3人掛けのソファーに3人掛けるのは、ちと辛いです。
2時間ちょっとして相方が合流。
もう1つ3人部屋をかりました。
これでちょっと広々♪

4時間セットコースにしたので7時過ぎまでです。
ドリンクバーつきではあったのですが、薄いし炭酸抜けてましたぁ(T_T)

でも、とりあえず初めての漫喫体験楽しかったです♪
また近々行って、「医龍」の続き読まなくっちゃ(笑)
あと3巻!
その次は、「ハヤテのごとく!」読む予定(笑)

帰りは牛角に行って焼き肉食べて帰りました♪

4人でご飯・・・当たり前の事なんだけど、でもスッゴい幸せ感じちゃいました(*^ω^*)
いつまでも忘れない、この時の気持ち☆
スポンサーサイト

審判の下った日★家族とは・・・

7月31日。

この日私は朝の7時半から外泊のため病院を後にしました。
行き先は浦和の保護観察所です。
以前、息子の家出騒動についつは少しブログに書いたと思いますが、まだまだ終わっていなかったんですよね、実は。

ゴールデンウイークから2回の家出を繰り返し、ついには長男は鑑別所に入ってしまっていました。
まぁ、こんな言い方をしては何ですが、大した事をした訳じゃないから1ヶ月ほどで鑑別所を出る事はできる予定でした。
正直、どこで何をしているか分からない家出中よりは、例え鑑別所でも居場所が分かっている方が全然安心です。
でも、出てからの処遇が問題でした。

子供が鑑別所に入っている間に調べ官の人が色々と子供の育った家庭環境や子供の心情を調べると言うよりは主観と思い込みで作り上げていきます。
そしてそれが裁判官に伝えられます。

7月25日。

審判の日に下された判決は・・・
「実の母親は末期肺癌のためもうじき死にいなくなるので、その後、うまくいってないと思われる養父と暮らしていくのは適当ではない。よって祖母と暮らすのが妥当である。」
と言うようなものでした。

ようするに、私は末期肺癌でもうじき死ぬし、今現在も入退院を繰り返している状態だから子供を監督する事は無理。
父親は養父であり、家庭内DVが行われてる様子もあり、不適当。
「あなたの家には絶対子供は帰しません。」と調べ官には言われました。

すごい考え方。すごい決めつけです。

確かに私は末期の肺癌です。
でも、まだ生きてるし、かなり元気だし、まだしばらく死にそうにないんですけどぉ。。

父親だって、まぁ、養父ではあるし、お互いそれなりに気なんかは使ったりはしてる感じはありますが、別にDVなんかないし、家族みんなで出掛けたりはよくしますし、結構コミュニケーションもある家庭の方だと思うんですけどねぇ。

でも、事実なんて関係ないんですね。
何も調査したり話を聞いたりしなくていいんですね。
勝手な決めつけと想像だけで判決は下ります。
・・・私たちは子供の身元引受人としては不適格であると・・・。

子供は埼玉に住んでいる祖母の家に引き取られる事に決定しました。
原則として保護観察は20歳までです。
「もう生きている間に一緒に暮らす事はないんだなぁ。。」
って思いました。

すごく悲しかった。

気を抜くと、カーテンをひくと、涙が勝手に止めどなく流れてきちゃいます。

その判決にはみんな不満でした。
って言うか、ありえないでしょう!!
人間として、どーよ?!って感じです。

このままでは納得できません。絶対に。

どんな結果になるかは予測はつきませんが、子供を取り戻すために、保護観察官の方に相談するために浦和の保護観察所にやってきました。
かなりの権限を持っているそうです。

入室し少し話していると、保護観察官の方は戸惑いを見せ始めました。
「どうしてみんな立川がいいと思っているのに立川じゃないんですか?」
いきさつを説明し、想いをつげていきました。
その保護観察官の方は普通に全てを納得してくれて、1つ提案をしてくれました。
「その決定が不当だとしても、私達にそれを覆す事はできません。でも、居住の変更と言う事で届け出をだしてもらえば、埼玉から立川で生活をする事ができますし、身元引受人もご両親に変更できます。」
と言うものでした。

判決の下された日、とってもとっても悲しくて悔しい想いをしたのに、たった1枚の用紙を提出する事で全て解決してしまいました。
なんか不思議な感じです。
あの裁判は一体どんな意味を持っていたと言うのでしょう?
裁判ってもっと絶対的な力や強制力があるものだと思っていたのに、こうもいとも簡単に状況を変える事ができるものなのですね。

でも何も知らなくて判決を鵜呑みにしていたら・・・。
人や家族の人生がかかっているのに・・・。

裁判って、法律って、一体何なんでしょうね。
人を救うためのものでも、公平なものでも、正義でも、平等を保つためのものでも、なんでもないと思います。

なんだか納得できない物を感じるのですが、まぁ、よい結果を得る事ができたので全て良しとしましょう(笑)
これで8月1日付けで子供は私達の元に帰ってくる事になりました。

いろいろ躓いたり迷ったりしてきましたが、きっとそれらの事は、プラスの方向に働くと信じています。
今回の事で、子供ともいっぱい今までにないコミュニケーションを図れたし、以前よりもう少しだけ分かり合えたと思います。
これからきっと少しずつ今までとは違った家族の形態になっていくと思います。

改めて家族一緒に暮らす事の大切さに気付き、お互いの大切さに気付き、それぞれが理解と思いやりを持てるようになるイイきっかけになったんじゃないかなぁ・・・って思います。

まだまだいろいろあるだろうし、綱渡り状態ではありますが、みんな一緒に頑張っていける気がします。

この件で今まで気にかけてくれたり、心配してくれたりした方々がいっぱいいました。
いろいろありがとうございました。
よくやく家族の形を取り戻す事ができました。
家族みんなが揃って暮らせる何気ない毎日が、とっても貴重でとっても幸せだと改めて気づいた今日この頃です(^-^)
プロフィール

MIKA☆

Author:MIKA☆
仲良くしてね~☆

ブログランキングに参加しています☆
にほんブログ村 病気ブログ がん・腫瘍へ
FC2ブログランキング☆

FC2Blog Ranking

最近の記事
検索フォーム
カテゴリー
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
FC2カウンター
最近のコメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
blog pet
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。